DIVVEEサイトが続々と閉鎖!?このまま日本撤退しちゃうんちゃう?

The following two tabs change content below.

JP

無計画な海外旅行をし続けて、常に貯金がゼロの奈良県民。 次こそは、後悔の無い・やりたいことをすべてやる旅を実現すべく、 現在はオーストラリアにて海外情報を発信しながら、ADSを活用し権利収入を得る為奮闘中。

みなさんごきげんよう!

JPです。

 

 

今はやりのネットワークビジネスDIVVEEは

以前この記事でもご紹介しておりますが。。。

Divveeは危険?違法?不正操作加担ビジネス?実際にサイト運営者に聞いてみた

2016.12.14

 

ついにネットでの告知が禁止になったようですね!

このまま日本から撤退するんじゃないかな~

なんてね。

 

 

DIVVEEサイトが各記事を非公開にしている?

 

今さっきDIVVEEについて調べてみようと思ったら

どのサイトも記事を非公開にしてるではないですか!

 

どれも個人のサイトなので、ここにはリンクは貼りませんが

要約すると。。。

 

  • Divvee社からの通達があった。
  • WebサイトやSNSでDivveeに関して記事を公開する場合は、Divvee社の許可が必要。
  • 誤った情報サイトが多い為、全ての情報がなくなってからでないと「ランク&シェア」は始めない。
  • グランドオープンへの情報統制及びデマの根絶等が目的

 

 

DIVVEE賛成派・反対派、色々な方が記事を書いていて

アメリカの会社ですし、正直どの情報が正しいかは分かりません。

僕も個人的な意見を書いてるだけですし。

 

 

 

確かにデマが流れるのは良いことではないですが

「全ての情報が無くなってから」、というのは

今のネット社会においてはまず不可能なお話(^^;

 

ほなら、さっさと日本法人作れって話ですね。

それが嫌なら、日本に参入すんな、と。

もういつオープンするかは完全に未知数ですね。

 

 

しかも、これは会社側が

もうお前らこれ以上ネットで告知すんなよ!

と言ってるようなもんですよね。

 

10年前のように

友達に声かけるリアルネットワークビジネスの始まりですね(‘ω’)

 

 

「DIVVEE」と調べるだけでいろんな記事(マジメなサイトは非公開に)

が出てくるので気になる方は是非検索してみてください。

 

日本では十分会費はとれたから、このままドロンしちゃうんじゃないのかしら?

続報が入り次第、また記事更新します。

 

この記事が役に立ったと思ったらシェアしてくださいね♪

ABOUTこの記事をかいた人

無計画な海外旅行をし続けて、常に貯金がゼロの奈良県民。 次こそは、後悔の無い・やりたいことをすべてやる旅を実現すべく、 現在はオーストラリアにて海外情報を発信しながら、ADSを活用し権利収入を得る為奮闘中。